いとQtwins海外旅行記5('99.4.29-5.6)

’99GW ソウル&ハワイ part3('99.5.1)

感想・質問はいとQ伝言板まで

☆ ハワイ島&すばる ☆


<すばる>

◆老人ホーム?のようなホテル(昨晩のはなし)


ヒロはハワイ島では一番開けている街なのですが、ハワイ島の観光の中心は西側のカイルア・コナであり観光と言う面では東側のヒロはどちらかと言うとおとなしく落ち着いた街です。とはいえ、古き良きハワイの町並みがヒロにはあります。どこかほっとするのんびりとした街です。

ハワイ島ヒロにて選んだホテルは、サンド&シーサイドホテルと言うところです。とは言っても、サンドもシーもホテルのそばにはなかったです。一応そばに入り江があり海のそばかな?って感じはありました。値段は1泊$56です。これはインターネット予約20%オフのレートです。AAAの会員は25%オフ。JAFの会員でも適用されるかもしれないです。部屋は、”こんなもんかな?値段が値段だし”ってところです。ベッドも家具も古く少し薄汚れていています。部屋も狭いです。まあ期待もしていなかったのでこんなもんかなぁてところです。値段相応といえばその通りでした。それよりこのホテルについて印象的だったのは老人の宿泊客の多さ。まるで老人ホームのようでした。朝になるとロビーは老人たちの団体に占拠されます。そして彼らは大型バスに乗り込み、どこかへ消えていきました。

そんな(どんな?)ホテルですが、とても良いこともありました。直接ホテルのことじゃないんですが、到着した日の夜、今日は手近なところで食事をとろうとホテルのレストランに向かったところ、8時なのにすでにすでに閉店していたため、ホテルの隣のシーフード・レストランに躊躇なく入ってしまいました。偶然ですがそこがなかなかの名店らしく、とってもおいしいシーフードを食べることができました。店の名前は

Harrington's
135 Kalanianaole St, Hilo, Hawaii 96720
(808)961-496

です。メニューはイタリア系のシーフードで、クラムチャウダー、シーフードスパゲティー、カラマリ(いか)のフライ、すずきのフライなどをオーダーしましたが、どれも絶品でした。子供たちもしばらくぶりのごちそうにバクバク食らいついていました。そういえばずっと機内食だったもんね。支払いはカードで、約$70。$56の宿に泊まって$70ドルの食事じゃバランスが悪いですが、それにしてもお勧めの店です。

◆やすぞさんtwinsとご対面!

さあ、いよいよ”すばる”訪問となります。その前に、すばる訪問のいきさつを説明しましょう。今回訪問したハワイ島にお住まいのやすぞさんとはtwins-MLという双子関連のメーリングリスト(ML)を通じて知り合いました。ウチのtwinsとやすぞさんのtwinsは誕生日が1ヶ月違いで、ML上でも出産の前から知り合いです。やすぞさんは、M電機にお勤めですばるの制御を行うソフトを開発するのがお仕事です。そんな訳でお仕事の関係で家族でハワイ島に住んでいるやすぞさんtwinsファミリーをいとQtwinsファミリーが訪問することとなったのでした。

さて、当日の朝。
ホテルのレストランで朝食を取っていたのですが、twinsがのろのろと食べているので待ち合わせの時間が来てしまいました。やすぞさんがホテルのフロントに来ているはずですが、とフロントを通るとそれらしき人が、でもあまりにもいろに焼けた肌の色はどうみても現地の人。恐る恐る話しかけるとやっぱりやすぞさんでした。ハワイに住んでいると現地の人になってしまうんですね。急いで準備をしてまずは家族でやすぞさん宅を訪問しました。

GWということで、やすぞさんのいとこさん(男性2人、女性2人)もいらっしゃいました。お宅は平屋の一戸建て、平屋といっても日本の二階建てより広いのではないでしょうか?広いLDK(30畳ぐらいあるんじゃないかな?)にはお子さま用の滑り台が。やっぱり、アメリカは違いますね。

ここでtwins同士もご対面。やすぞさんtwinsは女の子の1卵生twins。やっぱりかわいいなぁ、1卵生のtwins。ちょっと人見知りのやすぞさんtwinsはママにべったり。それに対して人見知りをしないウチのtwins、やすぞさんtwinsのおもちゃを自分のもののようにして遊びだしちゃいました。うちの子たちの傍若無人ぶりをやすぞさんtwinsは遠くから見守っている様子。こんな時、親としては何とも恥ずかしいですね。

すばる訪問は午前中は男性陣、午後は女性陣と2陣に分かれて行くことになりましたが、運転手はどちらもやすぞさん。大変ですがよろしくお願いします。ということでいとQはすばるへ向かいます。twinsと妻はやすぞさん宅でお留守番。

◆すばるへ、GO!!

すばるはハワイ島、マウナ・ケア山(標高約4200m)の山頂にあります。やすぞさんのお宅はヒロという海沿いの街、すなわち海抜約0mにあるわけですから、すばるに行くためには一気におよそ4200m標高差を登り切ることになります。4200mといや、富士山より高いんですよ。やすぞさんの通勤用車はJEEPのチェロキー、ハードなサスが高速での車の安定を助けてくれます。

溶岩の中に引かれた舗装路は緩やかなアップダウンを繰り返しながら徐々に山の裾野を登って行きました。天気は快晴。遠くに山頂とその上に立つ天文台が見えました。

道は途中からパーカー牧場の中を抜けていきます。まわりの風景は牧場とまばらに生える木といった感じです。そうこうするうちに、建物が見えてきました。

どうやらここで休憩し、高度に体を慣らすようです。建物は天文台やハワイ島に関する資料館になっています。例のスペースシャトルの事故で亡くなられた日系人の宇宙飛行士オニズカ氏はハワイ島の出身で、この建物も彼の業績をたたえて建てられた物のようです。

建物の周りを散策すると、やすぞさんがおもしろい植物を紹介してくれました。ハワイ固有の種でシルバーなんとかと言います。まるで銀色のイソギンチャクのような植物で何十年化に一度花が咲いて枯れてしまうそうですが、何とも不思議な植物ですが、なんとも宇宙的な風貌が、スペースシャトルや天文台のイメージとマッチして印象的でした。

さて、およそ30分の休憩を取ったあと、再び車に乗り込み出発です。ここからの道は天文台関係者以外は立ち入り禁止の道路となります。

◆感動のすばる

道はいつしかダートになります。JEEPチェロキーの威力が発揮されます。しかし、しばらくするとまた舗装路に戻ります。やすぞさん曰く。

ハワイ島にお金がないのダートを設けることにより一般車両を規制する

ことが理由らしいです。そうこうするうちに山頂に到着しました。目の前にはすばるを含め巨大な天文台のドームがいくつも見られます。もうそれだけで興奮物です。

天気のいいせいか山頂は思っていたより暖かかったです。山頂についてやすぞさんから注意されたことは

決して走らない

ということでした。そうなんです。ここまで来ると。

空気が薄い!!

んです。あわてて走ると、はっきり言ってあぶなーいって感じでちょっと息苦しいです。天文台に働きに来た人でも気候に体が適応できず、日本に帰らされることもあるようです。


<すばる天文台>

さあ、いよいよすばるに突入です。すばるは約10年前に計画されてから莫大なお金と日本の技術力を駆使し今年完成した世界最大級の天体望遠鏡です。先日NHKで放送されたファースライトの映像は度肝を抜くすばらしい物でした。世界最大の望遠鏡はすばるの隣にあるケック望遠鏡です。


<ケック天文台>

ただし、ケック天文台の世界最大10mの反射鏡は複数の鏡を組み合わせた複合鏡のためすばる8mの一枚鏡と比べると光学的な性能では劣っている面もあります。しかしながらケック望遠鏡のすごいところは世界最大10mの反射鏡を2枚備えているところです。ドームが二つあるのはそのせいです。これにより1台で出来ない光干渉などの星観測を行うことが出来るそうです。

そういった訳で世界最高性能の実力を備えた望遠鏡は実質的にすばるということになります。すばるは現在もなお開発中であり、この先、さらに測定の精度が向上する可能性があるそうです。

やすぞさんに連れられてすばるを見学しましたがここからは企業秘密なので写真はお見せできません。私も技術屋のはしくれ、そのすごさにはびっくりしました。それにしても8mの反射鏡の制御装置など、8000画素のCCDカメラなどすごいことしてますよ〜!

まさに感動のすばるでした。

◆Twinsオフミ in Hawaii

すばるを後にした我々は、やすぞさんが運転する4WDで一気にふもとまで下山しました。帰りは途中での休憩はなしです。車の中でやすぞさんにお聞きしましたが、ハワイ島マウナ・ケア山の山頂はすでにこれ以上の天文台を作る土地がないそうです。というわけで世界の天文学者が次に天文台を建てるとすると

チリモンゴル

だそうです。すばるで名をあげてしまったやすぞさんの次の勤務地は上のどちらかも知れません。そうだとしても家族で遊びに行きますからね。

さて、やすぞ邸に帰宅したのはちょうどお昼ぐらいでした。やすぞさんは、第2陣の女性組を連れてすばるに向かいました。残されたのは、すばるから戻った男性陣(3人)とやすぞさんの奥様とtwins、うちのtwinsです。

2組のtwinsはすっかり意気投合。仲良く遊んでいました。って訳にはいかなかったです。状況は朝と変わっていないかな?でもなんかちょっと慣れた感じでおうちの中で一緒に遊んでいました。

やすぞさんが今日2回目のすばるから帰って来る前の残された男性陣はBBQの火起こしです。こういう作業って、個人的には好きなんです。そういえばやすぞさんスペシャルメニューがあると言ってましたね。うーん、どんなのかな???そうこうするうちにやすぞさんが戻ってきました。

これがやすぞ's スペシャルBBQ in Hawaiiだ!!

なんじゃ、この巨大な肉のかたまりは〜!!って訳で正体はなんと豚のあばらの肉でした。もっとわかり易くいうと、スペアリブの巨大な固まりです。これを塩こしょうして炭火でいただいたんですが、これがまたうまい!!!その上、この固まりが1つ千円強だって言うんだからこれまたびっくり。焼けた肉はやすぞさんが切り分けてくれました。味を占めちゃいましたが、これって日本じゃ売ってないですよね。こんな固まり肉。まさにスペシャルBBQ in Hawaiiでした。

おいしい肉をたべながら、やすぞさんファミリー、やすぞさんいとこさんズ、いとQファミリーで楽しい時間を過ごしました。そんな会話の中で来年は是非メインランドで行われるツィンズ・フェスティバスに一緒に参加しようということで意気投合しました。最後にやすぞさんツィンズといとQファミリーの写真です。いろいろとお世話になりました。またよろしく。

(つづく)

感想はいとQ伝言板まで