いとQtwins海外旅行記5('99.4.29-5.6)

’99GW ソウル&ハワイ part4('99.5.2)

感想・質問はいとQ伝言板まで

☆ 火山!火山!! ☆


<キラウエア火山>

◆火山へ、GO!!

昨晩のtwinsオフ&すばるの興奮もさめやらぬ状態で、翌日の朝となりました。ホテルをチェック・アウトして、むかうはハワイ島観光の目玉、”ボルケーノ(火山)”です。

ホテルをあとにしてヒロの待ちに別れを告げて車を走らせるといつしか道路は溶岩台地の中を貫く道路と変わり、”おー火山の中を走っているぜ!!”って感じになってきました。ポーと雰囲気に良いながら車を走らせているといつしか海が見えてきます。?海??

 いとQ:”ありゃ?海が見えてきたけど・・・”
 妻  :”行きすぎたんじゃないの?!”

というわけで、ポーとしてたら、30分ぐらい目的地の先にまでいってしまいました。あわてて引き返しましたがここで1時間のロス。これが後々に響きました・・・

一方では山頂に天文台のある山(マウナ・ケア)と一方では活火山(キラウエア)が共存する島、まさにこのことがハワイ島のスケールを語っていると思います。ハワイ諸島は地中のマグマが海に吹き出して出来た島々からなりますが、活火山があるのはハワイ島だけです。

近年、噴火し大量の溶岩を流出した火山の噴火口とその溶岩で形成された地帯は国立公園として管理されています。


<キラウエア・ビジター・センター>

ボルケーノ国立に入るとすぐにキラウエア・ビジター・センターと言う案内所があります。ここでは、国立公園全体の説明の展示がしてあります。日本語のガイドマップ(無料)ももらえます。というわけで火山見物です。

火山の溶岩流のあとはとにかく広い広いです。ほとんどの場所に車で行けますが、広くて行けども行けども溶岩ばっかりというところもあります。まあ、日本にある普通の火山とは印象が違いますね。まず。火山のくせに平らで山のようじゃないんです。火口も地面に明いた大きい穴と言う感じです。また、溶岩の流れて固まったあとは何とも言えぬ不気味さがあります。日本で火山のふもとというと浅間山のふもとの鬼押し出しや桜島を思い出しますが、それらはゴツゴツした岩肌の岩が転がっているイメージですけれど、こちらのはつるっとしていて、水飴が固まったような感じです。

キラウエアは現在も活発に噴火活動をしている活火山です。流れ出る溶岩が海に注いで、海水とふれたところが蒸発し、白く水蒸気を高々と舞いあげています。写真の後ろがその水蒸気です。歩いて行けば直前まで行けるようですが、道が悪そうなのでやめました。

と以上で火山見学終了です。

◆もとヒルトンはすてきなホテル?

火山をあとにして南回りで再びコナの街に向かいます。時間はすでにお昼を過ぎて午後2時ぐらいになってしまいました。お昼でも食べようかとレストランを探しますが、レストランどころか民家などの建物すらありません。とにかくコナの街に向かって車を進めていると、やっと小さな街に出ました。とは言っても食堂はなく、小さなドラッグストアでホットドッグや菓子パン、飲み物を買ってやっとお昼にありつけました。ハワイ島恐るべしです。

コナの街に入る手前の道路沿いにはコーヒー農園直営のコナ・コーヒーの販売店が点々と軒を並べています。コーヒー好きのいとQ夫婦はどこかの店でコナコーヒーを買おうと考えていましたが、すでに太陽は夕日に変わりつつあり、また、どの店に行ったら良いのかもわからず、結局どこにも寄れずにコナの街に到着してしまいました。あそこで時間をロスしていなければと思うと少し悔しいです。

さて、今夜のお宿は、ロイヤル・コナ・リゾートと言うホテルです。コナはハワイ島随一街ではありますが、それほど高級なホテルが立ち並ぶようなところではないです。海辺の小さなショッピング街とホテルがぽつりぽつりとある街です。そんな中でこのホテルはそのほぼ中央に位置するため、街を散策するには絶好のロケーションのホテルでした。このホテルは元ヒルトンだったらしいです。規模もそれなりに大きいです。そんな訳で一瞬ちょっと良いホテルかな?と思いますがやはりちょっといまいちだなあと言うところが多いホテルです。具体的に言うと、部屋も広いし、家具もそれなりに雰囲気のある良い物が置かれてたりするのですが、よく見てみると、家具の金属製の取っ手のメッキがはがれていたり、絨毯にシミがあったり、ベットやソファーのクッションがいまいちだったりしていました。要は、家具調度品のすべてをヒルトンから受け継いで経営しているってところなのかもしれません。とはいえ1泊76USDにしては満足のいく内容です。

コナは海岸が真西を向いているため天気が良ければきれいな夕日が見れるはずでしたが、残念ながら天気のせいで夕日は見れませんでした。

プールとちっちゃなプライベート・ビーチがありました。

◆ハワイ前にぎり寿司

すっかり日も暮れてしまい、夕食に出かけました。きょうのディナーはやすぞさんに紹介していただいたコナ寿司に行ってハワイ前寿司を食べることにしました。場所はホテルのすぐそばでした。ハワイの港にはお寿司向きのおいしい魚が沢山あがり、お寿司もおいいしいそうです。


<僕と私はのり巻き、パパとママはにぎり寿司>

ネタも新鮮だし、おいしいお寿司が食られました。のり巻き、にぎり、ビールなど4人でお腹いっぱいたべて$70ぐらいでした。

◆緊急事態発生!セキュリティー出動!!

食後は、コナの街をぶらぶらしてみました。ワイキキに比べればコナは本当に小さな街です。1時間ぐらいのんびりと歩き回り、おなじみクレージーシャツ(いまでは日本にもありますね)でコーヒーの香りのついたTシャツを購入しました。それにしても9時になるとほとんどのお店が閉店してしまいます。一晩中さわがしいワイキキと比べるとなんて静かな場所なんでしょう。

ホテルにかえり、子供達と風呂に入ったり、部屋で遊んだりしているとちょっとした事件が起こりました。最近、よくホテルで見かけるデジタル式のセーフティーボックスです。暗証番号を入力してロックをかけるのですが、ここのホテルは、$10の使用料を取ると書いてあり、それならいいやと使わないでいました。でも。デジタル表示がピコピコする装置をウチのtwinsがほっておくわけがありません。さっそく、2人でピコピコやっていました。まあ、セットやらメモリーやらちょっと複雑な操作をしないとロックがかからないからいいか。と思っていたら・・・

   ギー、ガチャン!!

うん?なに??もしや!!!セイフティーボックスの表示には

   CLOSE、CLOSE、CLOSE、CLOSE・・・・

の文字が・・・・、ありゃ。やらえた。困ったぞ。これってオンラインでつながっているから、きっと$10も取られちゃうんだ。その上、暗証番号がわからないぞ!まいった!!

てわけで仕方ないのでフロントへ電話、しばらくすると技術スタッフの方が来てくれました。

 ”どうしました?”
 ”カクカクシカジカ・・”
 ”OK!”

とすぐに開けてくれましが、

 ”またやられたらどうしましょう?”

というと、装置の中の秘密のスイッチを使って鍵がかからないようにしてもらいました。それにしても油断も隙もありゃしないですね。

それからもう一つ。ノートPCを持ち込んでホテルからローミングサービスで日本のプロバイダにつないでインターネットをしていたのですが、PCのメモリーの不足などからハングアップ、再起動させようとしたら、起動しません。これは困ったといろいろ手を尽くしたところ、バッテリーをはずすと正常に動くのがわかりました。そこで、バッテリーをはずして使用していたのですが、それからちょっと不便でした。結局、日本に帰って修理を依頼したら、マザーボードと電源基盤の交換でした。原因は中のねじがはずれて基盤上でショートしていたようでした。まあ保証期間内だったから良かったです。

(つづく)

感想はいとQ伝言板まで