■■■いとQtwins海外旅行記6■■■
          ’99.9 ソウル&鹿児島#2 
             (Twins4回目の韓国)



 
◆早朝サウナへ

朝、外は雨がしとしと。

ウチの場合、親のどちらかが子供を部屋で見ていて片方がサウナに行くことにし
ている。当然のように(?)私が早朝、妻が夜と言う感じで行くことが多い。
単にいとQ家の力関係を物語っているだけ。(?)

ということで朝7時に起きてサウナに向かった。受付で
”ホテルゲストだよ。アカスリしたいけど、マッサージはいらない”
とつげる。ゲストは入場料が半額である。

中にはいると大浴場、サウナがあり、奥の方にはアカスリ台が2台とアカスリおや
じが待機している。アカスリおやじが常駐しているだけでもポイントは高い。高麗
人参風呂というのもある。朝鮮人参の粉が溶かし混んであり、においがきついがな
んか薬効がありそうな気がする。

サウナにはいるとKBSのニュースで”台風が熊本を直撃”のニュースをやってい
る。韓国で日本の様子の見るのなんか不思議な感じ。

サウナでたっぷり汗をかいた後アカスリへ。

感想:
 やり方はソフトというか、少し物足りない。最後の石鹸洗いも泡は少なく
 そんなに気持ちよくない。時間短し。

ということで普通かちょっといまいちということかな?

料金17,000KRW(約1,600円)

◆ロッテワールドへ

昨日の夜、コンビニで買っておいたパンと牛乳で朝食をとる。やはりベッドの下の
ほこりが気になるのでベッドは戻さずにそのままにする。こうすればさすがに掃除
してくれるよなぁ。ホテルの印象、ちょっと悪し。

<キャピタルホテルのロビー>

ホテルからタクシーでロッテワールドへ。8,000KRW(約600円)

今日の目的地は”ロッテワールド”。JASで配っていた無料入場券引換券を友人、
知人からもらっていたのでそれで入ろうとしたが、券をよく見ると免税店で引き替
えてくれと書いてある。あちゃー。

免税店は隣の建物だけどそこまで歩かないといけない。仕方ないので雨の中をベビー
カーを押してダッシュ。ロッテワールド百貨店に上にある免税店へ。なぜか百貨店
はやってないぞ?なんでかな???(まだ重大事態に気づいていないのであった。)

タダなので贅沢は言えないが無料入場券なので乗り物は別料金。まあ、時間もあん
まりないのでうろうろいて適当に時間を過ごせば良いか。

入場するといきなりぬいぐるみ軍団に囲まれる。ロッテワールドのメインキャラは
狐のロッティーとローリーだ。前回泣いていたtwinsも今回はちょっと楽しそう。

<ロッティーとローリー>

それからまずは腹ごしらえということで喫茶コーナーに行き

 ・ピピム・ネンミョン(辛い冷麺)
 ・ムル・ネンミョン(辛くない冷麺)
 ・ウドン(韓国語でもうどん)

を食べる。ここは2回目だけど意外においしい。


                  <冷麺大好き?>

お腹一杯になりぶらぶらするが、意外と子供が楽しめそうな乗り物が少ない。Tボー
とメリーゴーランドに乗る。前回、大泣きであったが今回は大丈夫なようだ。結構
大はしゃぎ。

最後に、ショースペースでロッテワールド開園10周年のショーをみた。

以上、ロッテワールド終了。

◆魔の秋夕(韓国のお盆)

ロッテワールドを後にして隣のロッテデパートに行った。おかしいぞ。閉まっている。
定休日だろか?いやなんかおかしい。

今日のそれからの計画は、

 1)ロッテデパートでお買い物
     ↓
 2)イテオンでお買い物
     ↓
 3)マポ焼き肉

と続くはずであった。しかし、結果的には1)と3)が実行不可能に。

理由は韓国のお盆、”秋夕”のせいだ。もちろん、旅行に来る前からお盆のことは
知っていた。多少、不便はするだろうなぁぐらいは思っていたがそれが大間違い。

ホテルロッテワールドにコンシェルジェに聞いたところ、
とにかく、町中が閉店状態。市内のデパートはすべて閉店。お店、レストランも
90%以上が閉店。開いているのはホテルと免税店とロッテワールドぐらいとのこと。

    日本のお盆感覚でやってきたのが間違いだった!!

途方に暮れて、ホテルロッテワールドのロビーでソファーに座って休息。一体、どう
すりゃいいんだ。と言っていても始まらない。とりあえず行動を起こそう。タクシー
を拾ってイテオンに移動。

◆イテオンは??

タクシーはなぜか高速にのり遠回りをされた。途中で指摘すると信号がないから止ま
らなくて早いと言われた。確かにそうだが、距離が出たおかげで、12,000KRW取られた。
行きの1.5倍だ。ハミルトンホテル前で降りたが気にくわないのでチップはあげない。

イテオンの街に着いた。日本のアメ横に似た街は観光客が主な客層と言うこともあり
お盆でも閉店率は50%ぐらい。いつも行く、鞄屋に向かった。運良くやっていた。

<イテオンの高麗皮革、開いててよかった>

義父や兄弟への土産として革の財布を何点かかった。昔横行していた、コーチのコピ
ー商品も大分少なくなった。

疲れたのでホテルにもどることにし、歩いて帰った。徒歩10分弱。

ホテルに帰ると、ベッドが戻っていた。さすがに掃除したろうとベッドを動かすと
唖然とした。なんとそこにはほこりの地層が再び現れた。ホテルの印象最悪。

◆マポの焼き肉屋は?

ソウルに来ると必ず行く焼き肉屋がある。市内のはずれマポという街にある。たまた
まホテルのそばで入った店だが、店のおばちゃんの感じがいいのと、焼き肉が安いの
でひいきにしている。おばちゃんがtwinsの」面倒を見てくれるので焼き肉がゆ
っくり食べられるのもいい。

しかし、今回は秋夕だ、店はやってないかも知れない、とは思ったがとりあえずタク
シーで向かう。マポについた。やっぱやってなかった。それどころか、周りの食べ物
屋もことごとく閉店。家族4人、途方に暮れる。

<やっぱり閉まっていたか・・・>

とにかく街を歩くと通りの最後になにやら開いているレストランがある。ワラにもす
がる思いで中に入るとお客はいないが感じの悪い店ではない。

メニューを見せてもらいお勧めを聞くとスパゲッティーだと言われる。そこでスパゲ
ッティー食べ、ビールを飲む。味はおいしい。


                    <何とか見つけだしたレストラン>

店を出るまでほかのお客は来なかった。外にはさっき店内であったシェフに顔写真入
りの看板が、また、壁には新聞の切り抜きがあった。なんか名の知れた人の店だった
のかもしれない。でも、やっぱり焼き肉が食べたかった。

タクシーでホテルに戻る。

◆twinsソウルの屋台デビュー

雨もすっかりあがっている。

お腹いっぱいで部屋に戻った。妻はこれからお楽しみにアカスリ・エステである。そ
の間、私は興奮してはしゃぐtwinsと部屋でお留守番。

約1時間後、妻が帰って来る。感想を聞くと、

 ”まあまあかな。”

と言っていた。料金は55,000KRW(約5,000円)。

時間はまだ夜の8時である。子供達を風呂に入れて一休み。でもまだ
9時だ。暇なのでホテルのそばの路上に出ている屋台に行くことにした。

韓国屋台と言っても日本の物とほとんど同じである。屋台の周りにテーブルが3,4
台それをビニール製のテントで囲んでいる。

<屋台デビュー>

屋台にはショーケースがあり、サザエ、イカなどの魚介類や焼き鳥などが並んでいる
値段を聞くと日本語のメニューを見せてくれた。日本人が良く来るのだろうか?とり
あえず焼き鳥とスープ(タン)、うどん、焼酎などを頼んだ。子供達にはサービスで
コーラが出てきた。周りのお客はなんか得たいの知れない内臓のような物を焼いた物
をつまみにビールをのんでいる。

私は内蔵系好きだが妻は大嫌いなので特に注文せず。

焼酎は真露(JINRO)であったが、冷(ひや)をストレートで飲むようだ。

店の中に子猫がいて、子供達もはしゃいでいた。

とりあえず、屋台もデビューしたぞと。料金12,000KRW(約1,200円)

◆カーペットの掃除

部屋にもどり寝る支度をした。ベッドを移動させるとまたもやほこりの地層が、仕方
ないので部屋にあったバスタオルを雑巾にして掃除をした。作業時間10分ほどだっ
たがバスタオルを一枚だめにしてしまったかもしれない。掃除をしないホテルが悪い
からしょうがないかな?とりあえず気分的にもすっきりした。

<親孝行twins(?)>

明日は福岡経由で鹿児島に移動の予定。

(明日に続く)


[ホーム] [いとQトラベル] [前] [次]