☆ いとQtwins海外旅行記part4 ☆
1999.2.5〜7


【1日目】


さあ出発!!


◆空港でぶらぶら◆

ソウルに行って来ました。ところでなんで、ソウルなの?理由はね、

 ・'99.2.28までにUAで海外に行けばボーナスマイルがもらえる。
 ・お金はあんまりない。

だから。それじゃ納得できない人も納得出来ちゃう人もいるんだよね。世の中には。

ボーナスマイルは8500マイル。ということで、近場で安いソウルに行くことになりました。twinsも'98.6に続いて二回目の韓国。いつもながらノラリクラリ書きます。といっている間に、成田到着。おなじみのアラジン・ウルトラパーキングに車を預けてどぎついピンクのバスに乗り込みます。成田の駐車場もいくつか使ったけど、ここ数年はアラジンばっかですね。電総研の小方さんも行ってるけど安いし、サービスもまあまあだからここになるよね。

第1ターミナル到着。
まずは腹ごしらえにと高龍さん、ご推薦の5Fの天山長命へ。立ち食いそばで腹ごしらえ。成田にもこんなところがあるなんて。もうじきマック(関東風の呼び名)もできるそうな。

うちもtwinsも海外旅行4回目ともなると空港も慣れたもの。
さてつぎはおなじみのカードラウンジでジュース飲んですっかりリラックスの様子。それにしても第1ばっかだなあ・・・

どこぞのおぼっちゃまのように、
”ジュース、プリーズ!”とはいえないが、うちのtwinsもするどい嗅覚で”まんま、まんま”と騒ぎ始めました。おかあさんは子供のお守り、お父さんは出国カードを4枚記入という間に搭乗の時刻になりました。


◆成田−ソウル UA827◆

今回、カードでBMWを買っちゃって有名になったF氏とソウルでオフをする予定。飛行機もホテルも一緒なのは偶然ですが、飛行機に乗り込んでF氏が予約していた座席をみるとどこぞの婆ちゃんが座っているではないか??F氏、実はばあちゃんだったのか〜!!

そんなはずないよなぁ、と思っているといきなり”いとQさんですか?わたし、Fです。”との声。”席は?”と聞くと”前の方にいますから、後ほど”とF氏は消えていってしまいました。

へいへい、そうですか。前の方、前の方。なに〜。アップグレード!!
チクショウ〜!!こっちは4人で2席、それも酸素マスクの関係で通路挟んだ席なのに。くそーUAめ!!!
(F氏に恨みはないです。気にしないでください。>F氏。)

まあ。いいや。たかだか2時間半のフライト。Tボーと遊んでりゃーすぐ着くさ。



◆ソウル到着 恐怖の毒ガスタクシー◆

あっという間にソウルに到着。両替はいつもの通り空港でしちゃいました。あんまりレートは良くないけど手持ちが無くてタクシーに乗れないのでしようがないか。同じホテルなのでF氏も同乗。ここで初めてF氏と会話らしい会話をする。もちろん今回が初対面である。

ホテルは、ソウル中心の繁華街、明洞(みょんどん)にありロケーションはよい。そういえば、東京のあちこちで”韓国バー明洞”と言う店があるのに気が付いたのは初めて韓国に行ったあとからだった。ような気がする。

空港から明洞までは20分で着く距離である。料金も普通タクシーなら2000円ぐらいで行けるはずである。(もう高い模範タクシーにはのらないつもり。)ソウルのまちは予想していたほど寒くなく、いい天気である。タクシーに乗っていると少し暑いぐらいであった。

そんな時である。T坊がパワーウインドのスイッチをいじくっていたら、運ちゃんが元のスイッチを切って動かないようにしてしまいました。”T坊、いたずらしちゃダ〜メ。”といっているうちは良かったのですが、急に何か臭いにおいがプ〜ン〜。

 ま・さ・か・・・・・・・

T坊、やってくれたなぁ!と尻のにおいを嗅ぐと別に臭わない?さてはもう1匹の方か!!
Cちゃん。やってくれたのね。思わず顔を見合わせるいとQ夫婦。

 くっ、臭いぞ!!

においは狭いタクシーの中に充満しだしています。いまのところF氏も運ちゃん気が付いていないのかもしれない。でも窓はロックされているし、どうしたら・・・・・

悪いことは重なるもので、漢江の橋の手前でタクシーは渋滞にはまってしまいました。臭い、動かない、窓あかない、臭い、動かない、窓あかない、どうしたらいいんだ〜〜!!韓国語も出来ないし・・・

 困った!!

とパニック状態のまま、いつしかタクシーは渋滞を抜け、ホテルの前に。たすかった!親切なベルさんがCちゃんを抱いてくれそうでしたがそれを振り切ってやっとこさチェックインしたのでした。


◆ソウルオフ おなじみマポ焼き肉横町の焼き肉屋◆

 前回('98.6)に見つけたソウルはずれのマポと言う町には焼き肉屋が軒を並べるところがあります。いつしか、我が家では”焼き肉横町”と呼ぶようになりました。前回入った店は、店のおばちゃんの愛想が良く、その上、twinsの面倒も見てくれたりしてくれてゆっくりと焼き肉を堪能する事が出来ました。もちろん値段も安いです。今回、ソウルの中心の繁華街明洞に泊まったのですが、タクシーをとばしてその店に行くことになりました。

お店に入ると、おばちゃんも覚えていてくれたようで、大歓迎。

 ”サンドンイ、サンドンイ(双子、双子)”

と子供たちをかわいがってくれました。前回、撮った写真をプレゼントしましたりしてすっかりうち解けた雰囲気になりました。実は、前回の経験からもう少し会話がしたいなあと思っており、韓国語会話集をもっていったので片言ながら会話が出来たように思えます。


焼き肉屋のおばちゃん・F氏・いとQファミリー

メニューは、カルビ始まり、冷麺に終わるおなじみの焼き肉フルコースをたっぷりと堪能しました。焼き肉は炭火焼きでおいしいよー!!

 さて、今回、一つ驚いたことがあります。韓国のお酒と言うと、鏡月や真露などの焼酎が日本でも有名ですが、飲み方が少し違うようです。焼酎とお湯を頼んだのですが、焼酎だけ持ってきていつまでもお湯を持ってきません。会話集で”お湯、とお湯”といってもおばちゃん、首を傾げるだけ。仕方ないので厨房まで行ってお湯をもらった来てお湯割りをつくるとそれを見ておばちゃんたちはびっくりした様子。どうやら韓国では焼酎はストレートまたはロックでしか飲まないようです。

お腹もいっぱいなのでお会計を頼むと、おばちゃんがなにやらハングルを書いたメモを出して来るではないですか。


謎のメモ??

いったい何が書いているかはわからないのですが、おばちゃんの顔は真剣そのもの??もしかしたら、感激の再会に支払いを無料にしてくれるのでは?

やったーー!!  

と一瞬思ったけど、しっかり請求書も差し出され。お会計。まあ安いからいいか?と思って店を出ました。するとF氏が店先で韓国の人と立ち話。どうやら日本語が話せる韓国人のようだ。早速、メモを翻訳してもらった。そこにはこう書かれていた。

キレイナ、カンコクノジョセイ ノイルミセニ イキタイデスカ?

おばちゃーーん!!、子連れだぞ!そんな店紹介してどうすんじゃ!!でも子連れでもOKの店ってことかな?それはそれで興味あるなぁ・・・・・


◆重大事実発覚!! サウナ&アカスリが・・・・◆

さて、タクシーでホテルに戻り、調査もかねていとQだけ、ホテル内のサウナ&アカスリに行きました。やっぱ、これだよね。韓国の楽しみはと思いながら、素っ裸でアカスリおやじにアカを取られて身も心もすっきりさわやか。

サウナを後にする前に妻のために女性用サウナ情報を聞き込みに。フロントの女性に”女性用サウナはいくらなの”なぞと聞くと。”申し訳ありません。当ホテルには女性用サウナはございません。”との答え。

大変だー!!

こんなことがないように日本から電話して確認したのに。こんなことが知れたら妻に大目玉を食らってしまう。どーしたらいいんだー!

注:いとQは別に恐妻家って訳じゃないです。ほんとだよ。

<1日目終了>


BACK|NEXTソウルの旅1ソウルの旅2ソウルの旅3ソウルの旅4

HOME FAMILY TWINS TRAVEL KIDS-LESS HOUSE HOBBY LINK MESSAGE TSUBUYAKI